埼玉全力アスリート

| コメント(0)

 7月16日~24日まで、J:COMの埼玉県内の放送局で放映される「埼玉全力アスリート」という番組に出演します。

7月16日(日)は21時~21時30分。その他、番組HPで検索できるようです。

番組HP→https://c.myjcom.jp/jch/p/saitama-athlete/

撮影自体は6月下旬にボートコースで行われました。

インタビューや練習の様子の他、国体の埼玉県予選の時にもインタビューを軽く受け、航汰もマイクを向けられて小さい声ですが答えていたので、もしかしたら映るかもしれません。

リポーターは藤田舞美さん。

20170622_125221.jpg

腕の太さの違いに愕然。

これでも昔より細くなったと言われた。

昔はどれほど太かったのか。。。

インタビューでは、これまでの競技人生についてや地元桶川市や埼玉県について、そしてなぜ復帰して、今後の目標は、などを答えました。

どれだけ放送されるかは分かりませんが、ぜひご覧ください。

 

ところで、航汰はだいぶボートを理解してきているように思います。

昨日、リギングをして試しに乗ろうという時、オールを持って「おすよ~」と言って押してくれました。

1500065869746.jpg

1500065874921.jpg

でも、夫も確かめるために乗ってみると言って乗った時は、私服だったからか、行っちゃヤダと大泣き。

1500065880875.jpg

ボートを載せるウマを持とうとしてくれましたが、持てませんでした。

大きくなったと思っていたけれど、まだまだウマよりも小さいのだなと改めて感じました。

20170714_174331.jpg

全日本社会人選手権

| コメント(0)

 先週末に行われた全日本社会人選手権で、ダブルスカルで4位に入賞しました。

1498305071473.jpg

正直ここまでの成績が取れるとは思っていなかったのですが、いざ4位になると、メダルが欲しかったなぁと欲が出てしまいます。

でも、ぶっつけ本番で挑んだ予選は、MAXのハートレートが208を記録したほど死にそうにきつかったですが、その反省も生かした決勝では、ラスト500mで6位からの逆転4位ということで、良いレースができました。

なんと、ラスト500mのラップタイムは1位でした。

20170624_160014.jpg

とはいえ、なぜもっと前半からいかないのかとこのタイムだけ見ると思われますが、私の今の体力的には前半は前半でこれが精一杯でした。

予選は前半思ったよりスピードが出たので、頑張ってしまったら後半死んでしまいました。

レース中は、シングルでは漕ぎながら声を出す事はほとんどないので、ダブルだとパートナーと自分を鼓舞するためにいろいろ声を出せるし、私はバウ(後ろ)だったので、周りを見ながら駆け引き等もでき、とても楽しいレースができました。

パートナーと、決勝で戦った他のチームの皆さんのおかげです。

DDEg7D6U0AEphYN.jpg

また、チームの皆さんも職場の皆さんも、たくさん応援に来てくださいました。

夫と航汰も伴チャリしてくれたようです。

ありがとうございました。

応援.jpg

また、夫もシングルスカルで出場しておりまして、奇遇な事に同じ4位でした。

午前中は夫がレースを終えて航汰を引き取りに来る間、主務の野中さんが見ていてくれました。

丸い背中がそっくりで、本当の父子のようでした。

20170624_085347.jpg

20170624_085333.jpg

土曜日の夜は、社会人チームの交流会が開催され、夫が社会人選手10年以上の永年選手厚労省を頂きました。

1498341932453.jpg

ちなみに私は、社会人になってからは6年で辞めてしまったので、もらえず残念。

でもこうして社会人チームで盛り上げて、高校や大学卒業後も長く続けてくれる選手が増えるといいなと思います。

女子選手で唯一受賞した選手も、チームの仲間がいたからここまでやってくれたと話してくれました。

私もそうです。

チームのみならず、ボート界で共に頑張っている皆さんがいるから、まだボート界に留まりたいと思う気持ちは大きいと思います。

でも、男子選手は受賞者はいっぱいいたのに、女子選手の受賞者が1人というのが、女子選手で長く続ける人が少ないということを物語っていると思います。

結婚しても、出産しても、体力的には全然できるんだぞということを私が見せなければと思いました。

ちなみに交流会では、お菓子もいっぱいあって、航汰も嬉しそうでした。

20170624_183232.jpg

全日本軽量級選手権

| コメント(0)

 だいぶ間が空いてしまいました。

先月末、全日本軽量級選手権にシングルスカルで出場し、8位入賞できました。順位がつくことが今回の目標だったので、ギリギリ目標を達成できました。

0526w1x.JPG

今回もまたご厚意で最新艇を貸してくださった明生さんを始め、サポートしてくれたチームの皆さん、職場の方々を始めとして大きなご声援を送って下さった皆さん、そして泊り込みで航汰の面倒を見てくれた両親と、たくさんの方々に支えて頂きました。

20170528_150326.jpg

まだシーズンは始まったばかりではありますが、振り返ってみると、引退してから丸5年ぶりの昨年11月、全日本選手権に3ヶ月ちょっとの練習で挑むという無謀な挑戦をし、そのあとまたしばらく練習できず、2月下旬から練習をちゃんと再開しての今レースでした。

復帰してから2ヶ月は、漕ぎ方がわからなくなって迷漕に迷漕を重ねていましたが、4月下旬からなんとなく回復の期貸しが見え始めた矢先、ぎっくり腰で10日間ほど漕げず。気持ちに体がついていっていないのを痛感しました。寝ても寝ても疲れがとれないし。

そんな状態だったので、一度も2000mTTをしないまま、ぶっつけ本番の予選。自分のピーク時に比べ、激しく体力が落ちているのを痛感しました。年齢とブランクの大きさを甘く見てはいけなかった・・・。

でも、準決勝のラスト100mでは、現役時代にも出せたことはなかったのではないかというくらいの鬼上げスパートが出せました。正直、自分にこんな気力と体力が残っていた事に驚きましたが、逆に言えば、限界を超えるトレーニングができていなかったということ。学生時代に良く言っていた「限界を超えるトレーニング」をしなければと思いました。でもあの頃より一回り以上も歳をとっているので、身体の声も聞きつつ・・・。

準決勝後.jpg

今回何より嬉しかったのは、何人もの人に感動したと言ってもらえたこと。さらに、20代半ば~後半で頑張っている女子のトップ選手の子たちに言ってもらえたのは特に嬉しかったです。これからの女性ボート選手のキャリアに一石を投じられるよう、また頑張りたいと思います。

いろいろと我慢もしてくれる息子にも感謝です。

レースで頑張っているお父さんを背にこの笑顔。

20170528_140648.jpg

看板娘ならぬ看板息子?

20170527_131413.jpg

陸で休憩中のカモとご対面。

20170527_130708.jpg

そして翌日、職場に行ったら机の上に賞状が置いてありました。

すごく久しぶりにもらった賞状だし、母になってから初めてもらった賞状で、8位だけど、これまで症状をもらった中でなんだか一番といっていいくらい嬉しかったです。

20170529_120604.jpg

航汰を連れて、昔から応援して下さっている会長にもご挨拶に行きました。

航汰を見て笑顔になってくださいました。

CIMG0333.JPG

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

Profile

熊倉美咲
熊倉 美咲 (くまくら みさき)
所属:
一般社団法人TMG本部
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:埼玉県桶川市
出身校:早稲田大学卒
信念:
諦めたらそこで終わり。
今、その時の自分の最大限の力で頑張り続ければ、きっといつか必ずうまく行く時が来る。